Mikan Network Lab.

ネットワーク技術やCisco製品に関して、勉強・検証した内容を発信しています。

Mikan Network Lab.

IOS: SNMP - SNMPv1トラップ

Cisco IOSにおけるSNMPv1トラップの設定例を記載します。

目次

1. 前提条件

本記事は以下に基づいて作成しています。
・Cisco Modeling Labs 2.1.1
・Cisco IOS Software, Version 15.9(3)M2
・CentOS 7.9.2009 (Core)
・Net-SNMP 5.7.2-49

2. 要件

  • R1からSNMPマネージャ(192.168.12.201)に対して、SNMPv1を用いてSNMPトラップを送信できるようにしてください。
  • コミュニティ名は「MIKAN」としてください。
  • トラップの送信元インタフェースはLoopback0としてください。
  • 通知するトラップはリンクダウン、リンクアップ、コールドスタート、ウォームスタートのみとしてください。

構成図

3. 設定例

要件を満たす設定例を以下に示します。

 R1 

hostname R1
!
interface Loopback0
 ip address 1.1.1.1 255.255.255.255
!
interface GigabitEthernet0/0
 ip address 192.168.12.254 255.255.255.0
!
snmp-server trap-source Loopback0
snmp-server enable traps snmp linkdown linkup coldstart warmstart
snmp-server host 192.168.12.201 MIKAN

4. 動作確認

4.1. show snmp host

  • R1でSNMPv1のトラップが設定されていることを確認します。

R1#show snmp host
Notification host: 192.168.12.201       udp-port: 162   type: trap
user: MIKAN     security model: v1

4.2. /var/log/messages

  • R1のGi0/1をshutdownしたとき、SNMPマネージャでトラップを受信していることを確認します。

[root@localhost ~]# cat /var/log/messages
Jul  3 15:37:50 localhost snmptrapd[3985]: 2021-07-03 15:37:50 1.1.1.1(via UDP: [1.1.1.1]:57617->[192.168.12.201]:162) TRAP, SNMP v1, community MIKAN#012#011SNMPv2-MIB::snmpTraps Link Down Trap (0) Uptime: 0:23:03.35#012#011IF-MIB::ifIndex.2 = INTEGER: 2#011IF-MIB::ifDescr.2 = STRING: GigabitEthernet0/1#011IF-MIB::ifType.2 = INTEGER: ethernetCsmacd(6)#011SNMPv2-SMI::enterprises.9.2.2.1.1.20.2 = STRING: "administratively down"