Mikan Network Lab.

ネットワーク技術やCisco製品に関して、勉強・検証した内容を発信しています。

Mikan Network Lab.

IOS-XR: OSPF - 経路集約

IOS-XRのOSPFで経路集約を行うには、ABR上で行う方法とASBR上で行う方法があります。本記事では、ABR上で経路集約を行う方法を紹介します。

目次

1. コマンド一覧
2. 仕様説明
 2.1. range
3. 設定例
 3.1. 要件
 3.2. コンフィグ
 3.3. 解説
 3.4. 動作確認
  3.4.1. show route ospf

前提条件

本記事は以下に基づいて作成しています。
・Cisco VIRL 1.6.65
・Cisco IOS XR Software, Version 6.1.3

1. コマンド一覧

本記事で必要なコマンドを以下に示します。

(config)# router ospf <process-name>
(config-ospf)# area <area-id>
(config-ospf-ar)# range <ip-address>/<prefix>

2. 仕様説明

2.1. range

OSPFの経路集約は自動的に行われないため、手動で設定する必要があります。手動での経路集約の方法はABR上で行う方法とASBR上で行う方法があります。ABR上ではエリア間ルート(LSAタイプ3)の経路集約を行い、ASBR上では外部ルート(LSAタイプ5)の経路集約を行います。OSPFではABR、ASBR以外のルータで経路集約はできません。

ABR上でエリア間ルートの経路集約を行うには、rangeコマンドを使用します。

(config-ospf)# area <area-id>
(config-ospf-ar)# range <ip-address>/<prefix>

<area-id>で経路集約する対象ネットワークが存在するエリアを指定します。

<ip-address>で集約ルートのネットワークアドレス、<prefix>でネットワークのプレフィックス長を指定します。

経路集約を設定したABRのルーティングテーブルには、ループ回避のため、Null0ルートが自動的にインストールされます。

【Sample】
エリア1に存在する2つのルート172.16.0.0/24、172.16.1.0/24を集約し、172.16.0.0/23としてアドバタイズする設定例を示します。

(config)# router ospf 1
(config-ospf)# area 1
(config-ospf-ar)# range 172.16.0.0/23

3. 設定例

3.1. 要件

・XR1、XR2、XR3でOSPFを次の通りに設定してください。
 - OSPFプロセス名は「1」とすること。
 - ルータIDはLo0のIPアドレスとすること。
 - XR1のLo10、Lo11、Lo12、Lo13、Gi0/0/0/0をエリア1に所属させること。
 - XR2のGi0/0/0/0をエリア1、Gi0/0/0/1をエリア0に所属させること。
 - XR3のGi0/0/0/0をエリア0に所属させること。
 - 172.16.0.0/24、172.16.1.0/24、172.16.2.0/24、172.16.3.0/24を集約し、172.16.0.0/22としてアドバタイズすること。

※IOS-XRではLoopbackインタフェースをOSPFに/32以外でアドバタイズするには、OSPFインタフェースコンフィギュレーションモードでloopback stub-network enableコマンドを使用する必要があります。

構成図

3.2. コンフィグ

本タスクの要件を満たす設定例を以下に示します。

 XR1 

hostname XR1
interface Loopback0
 ipv4 address 1.1.1.1/32
!
interface Loopback10
 ipv4 address 172.16.0.1/24
!
interface Loopback11
 ipv4 address 172.16.1.1/24
!
interface Loopback12
 ipv4 address 172.16.2.1/24
!
interface Loopback13
 ipv4 address 172.16.3.1/24
!
interface GigabitEthernet0/0/0/0
 ipv4 address 192.168.12.1/24
!
router ospf 1
 router-id 1.1.1.1
 area 1
  interface Loopback10
   loopback stub-network enable
  !
  interface Loopback11
   loopback stub-network enable
  !
  interface Loopback12
   loopback stub-network enable
  !
  interface Loopback13
   loopback stub-network enable
  !
  interface GigabitEthernet0/0/0/0
  !
 !
!
end

 XR2 

hostname XR2
interface Loopback0
 ipv4 address 2.2.2.2/32
!
interface GigabitEthernet0/0/0/0
 ipv4 address 192.168.12.2/24
!
interface GigabitEthernet0/0/0/1
 ipv4 address 192.168.23.2/24
!
router ospf 1
 router-id 2.2.2.2
 area 0
  interface GigabitEthernet0/0/0/1
  !
 !
 area 1
  range 172.16.0.0/22
  interface GigabitEthernet0/0/0/0
  !
 !
!
end

 XR3 

hostname XR3
interface Loopback0
 ipv4 address 3.3.3.3/32
!
interface GigabitEthernet0/0/0/0
 ipv4 address 192.168.23.3/24
!
router ospf 1
 router-id 3.3.3.3
 area 0
  interface GigabitEthernet0/0/0/0
  !
 !
!
end

3.3. 解説

本タスクはABRであるXR2で172.16.0.0/24、172.16.1.0/24、172.16.2.0/24、172.16.3.0/24を経路集約し、172.16.0.0/22としてアドバタイズすることが要求されています。ABR上での経路集約はrangeコマンドで設定でき、172.16.0.0/24~172.16.3.0/24のネットワークはエリア1に属しているので、XR2で次のコマンドが必要になります。

(config-ospf)# area 1
(config-ospf-ar)# range 172.16.0.0/22

上記のrangeコマンドを投入する前のXR3のルーティングテーブルを確認してみましょう。

RP/0/0/CPU0:XR3#show route ospf
Thu Feb  6 15:23:11.129 UTC

O IA 172.16.0.0/24 [110/3] via 192.168.23.2, 00:01:02, GigabitEthernet0/0/0/0
O IA 172.16.1.0/24 [110/3] via 192.168.23.2, 00:01:02, GigabitEthernet0/0/0/0
O IA 172.16.2.0/24 [110/3] via 192.168.23.2, 00:01:02, GigabitEthernet0/0/0/0
O IA 172.16.3.0/24 [110/3] via 192.168.23.2, 00:01:02, GigabitEthernet0/0/0/0
O IA 192.168.12.0/24 [110/2] via 192.168.23.2, 01:28:04, GigabitEthernet0/0/0/0

4つのルート172.16.0.0/24、172.16.1.0/24、172.16.2.0/24、172.16.3.0/24をLSAタイプ3(O IA)として学習しています。

続いて、rangeコマンド投入後のXR3のルーティングテーブルを確認してみましょう。

RP/0/0/CPU0:XR3#show route ospf
Thu Feb  6 15:28:38.047 UTC

O IA 172.16.0.0/22 [110/3] via 192.168.23.2, 00:03:59, GigabitEthernet0/0/0/0
O IA 192.168.12.0/24 [110/2] via 192.168.23.2, 01:33:31, GigabitEthernet0/0/0/0

4つあったルートが1つのルートに削減され、172.16.0.0/22をLSAタイプ3(O IA)として学習していることが分かります。

3.4. 動作確認

3.4.1. show route ospf

show route ospfコマンドで以下を確認します。
・XR2で172.16.0.0/22をLSAタイプ3(O IA)として学習し、ネクストホップがNull0となっていること。
・XR3で172.16.0.0/22をLSAタイプ3(O IA)として学習していること。

RP/0/0/CPU0:XR2#show route ospf
Thu Feb  6 15:08:01.111 UTC

O IA 172.16.0.0/22 [254/0] via 0.0.0.0, 00:10:29, Null0
O    172.16.0.0/24 [110/2] via 192.168.12.1, 00:27:35, GigabitEthernet0/0/0/0
O    172.16.1.0/24 [110/2] via 192.168.12.1, 00:10:29, GigabitEthernet0/0/0/0
O    172.16.2.0/24 [110/2] via 192.168.12.1, 00:10:29, GigabitEthernet0/0/0/0
O    172.16.3.0/24 [110/2] via 192.168.12.1, 00:10:29, GigabitEthernet0/0/0/0
RP/0/0/CPU0:XR3#show route ospf
Thu Feb  6 15:08:09.581 UTC

O IA 172.16.0.0/22 [110/3] via 192.168.23.2, 01:12:59, GigabitEthernet0/0/0/0
O IA 192.168.12.0/24 [110/2] via 192.168.23.2, 01:13:03, GigabitEthernet0/0/0/0