Mikan Network Lab.

ネットワーク技術やCisco製品に関して、勉強・検証した内容を発信しています。

Mikan Network Lab.

IOS-XR: OSPF - コスト設定

IOS-XRでインタフェースのコスト値を変更するには、costコマンドを使う方法とauto-cost reference-bandwidthコマンドを使う方法があります。本記事では、costコマンドでコスト値を変更する方法を紹介します。

目次

1. コマンド一覧
2. 仕様説明
 2.1. cost
3. 設定例
 3.1. 要件
 3.2. コンフィグ
 3.3. 動作確認
  3.3.1. show ospf interface

前提条件

本記事は以下に基づいて作成しています。
・Cisco VIRL 1.6.65
・Cisco IOS XR Software, Version 6.1.3

1. コマンド一覧

本記事で必要なコマンドを以下に示します。

(config)# router ospf <process-name>
(config-ospf)# area <area-id>
(config-ospf-ar)# interface <interface>
(config-ospf-ar-if)# cost <cost>

2. 仕様説明

2.1. cost

OSPFのインタフェースのコスト値は、デフォルトではインタフェースの帯域幅を基に自動的に算出されます。計算式は以下の通りです。

・コスト値 = 参照帯域幅 ÷ インタフェース帯域幅

参照帯域幅のデフォルト値は100Mbpsであり、またコスト値は整数値が使用されるため、100Mbps以上のインタフェースのコスト値は1になります。そのため、帯域幅に応じた最適な経路選択ができない可能性があります。

このコスト値は手動で設定することができます。インタフェースのコスト値を設定するには、costコマンドを使用します。

(config-ospf-ar-if)# cost <cost>

<cost>でインタフェースのコスト値を指定します。コスト値は1~65535の範囲で指定します。

【Sample】
Gi0/0/0/0でコスト値を5に設定する例を示します。

(config)# router ospf 1
(config-ospf)# area 0
(config-ospf-ar)# interface GigabitEthernet0/0/0/0
(config-ospf-ar-if)# cost 5

3. 設定例

3.1. 要件

・XR1とXR2でOSPFを次の通りに設定してください。
 - OSPFプロセス名は「1」とすること。
 - Gi0/0/0/0をエリア0に関連付けること。
 - XR1のGi0/0/0/0のコスト値を5に設定すること。
 - XR2のGi0/0/0/0のコスト値はデフォルト設定を使用すること。

構成図

3.2. コンフィグ

本タスクの要件を満たす設定例を以下に示します。

 XR1 

hostname XR1
interface Loopback0
 ipv4 address 1.1.1.1/32
!
interface GigabitEthernet0/0/0/0
 ipv4 address 192.168.12.1/24
!
router ospf 1
 area 0
  interface GigabitEthernet0/0/0/0
   cost 5
  !
 !
!
end

 XR2 

hostname XR2
interface Loopback0
 ipv4 address 2.2.2.2/32
!
interface GigabitEthernet0/0/0/0
 ipv4 address 192.168.12.2/24
!
router ospf 1
 area 0
  interface GigabitEthernet0/0/0/0
  !
 !
!
end

3.3. 動作確認

3.3.1. show ospf interface

show ospf interfaceコマンドで以下を確認します。
・XR1のGi0/0/0/0のコスト値が5になっていること。
・XR2のGi0/0/0/0のコスト値が1になっていること。

RP/0/0/CPU0:XR1#show ospf interface
Sat Feb  1 03:18:24.099 UTC

Interfaces for OSPF 1

GigabitEthernet0/0/0/0 is up, line protocol is up
  Internet Address 192.168.12.1/24, Area 0
  Process ID 1, Router ID 1.1.1.1, Network Type BROADCAST, Cost: 5
  Transmit Delay is 1 sec, State BDR, Priority 1, MTU 1500, MaxPktSz 1500
  Designated Router (ID) 2.2.2.2, Interface address 192.168.12.2
  Backup Designated router (ID) 1.1.1.1, Interface address 192.168.12.1
  Timer intervals configured, Hello 10, Dead 40, Wait 40, Retransmit 5
    Hello due in 00:00:02:949
  Index 1/1, flood queue length 0
  Next 0(0)/0(0)
  Last flood scan length is 1, maximum is 1
  Last flood scan time is 0 msec, maximum is 0 msec
  LS Ack List: current length 0, high water mark 2
  Neighbor Count is 1, Adjacent neighbor count is 1
    Adjacent with neighbor 2.2.2.2  (Designated Router)
  Suppress hello for 0 neighbor(s)
  Multi-area interface Count is 0
RP/0/0/CPU0:XR2#show ospf interface
Sat Feb  1 03:19:29.724 UTC

Interfaces for OSPF 1

GigabitEthernet0/0/0/0 is up, line protocol is up
  Internet Address 192.168.12.2/24, Area 0
  Process ID 1, Router ID 2.2.2.2, Network Type BROADCAST, Cost: 1
  Transmit Delay is 1 sec, State DR, Priority 1, MTU 1500, MaxPktSz 1500
  Designated Router (ID) 2.2.2.2, Interface address 192.168.12.2
  Backup Designated router (ID) 1.1.1.1, Interface address 192.168.12.1
  Timer intervals configured, Hello 10, Dead 40, Wait 40, Retransmit 5
    Hello due in 00:00:08:395
  Index 1/1, flood queue length 0
  Next 0(0)/0(0)
  Last flood scan length is 1, maximum is 1
  Last flood scan time is 0 msec, maximum is 0 msec
  LS Ack List: current length 0, high water mark 1
  Neighbor Count is 1, Adjacent neighbor count is 1
    Adjacent with neighbor 1.1.1.1  (Backup Designated Router)
  Suppress hello for 0 neighbor(s)
  Multi-area interface Count is 0