Mikan Network Lab.

ネットワーク技術やCisco製品に関して、勉強・検証した内容を発信しています。

Mikan Network Lab.

IOS-XR: OSPF - コスト設定(参照帯域幅)

IOS-XRでインタフェースのコスト値を変更するには、costコマンドを使う方法とauto-cost reference-bandwidthコマンドを使う方法があります。本記事では、auto-cost reference-bandwidthコマンドでコスト値を変更する方法を紹介します。

目次

1. コマンド一覧
2. 仕様説明
 2.1. auto-cost reference-bandwidth
3. 設定例
 3.1. 要件
 3.2. コンフィグ
 3.3. 解説
 3.4. 動作確認
  3.4.1. show ospf interface brief

前提条件

本記事は以下に基づいて作成しています。
・Cisco VIRL 1.6.65
・Cisco IOS XR Software, Version 6.1.3

1. コマンド一覧

本記事で必要なコマンドを以下に示します。

(config)# router ospf <process-name>
(config-ospf)# auto-cost reference-bandwidth <mbps>

2. 仕様説明

2.1. auto-cost reference-bandwidth

OSPFのインタフェースのコスト値は、デフォルトではインタフェースの帯域幅を基に自動的に算出されます。計算式は以下の通りです。

・コスト値 = 参照帯域幅 ÷ インタフェース帯域幅

参照帯域幅のデフォルト値は100Mbpsであり、またコスト値は整数値が使用されるため、100Mbps以上のインタフェースのコスト値は1になります。そのため、帯域幅に応じた最適な経路選択ができない可能性があります。

このコスト値は参照帯域幅を手動設定することで変更できます。参照帯域幅を設定するには、auto-cost reference-bandwidthコマンドを使用します。

(config-ospf)# auto-cost reference-bandwidth <mbps>

<mbps>で参照帯域幅を指定します。単位はMbpsです。

【Sample】
参照帯域幅を1000Mbpsに設定する例を示します。

(config)# router ospf 1
(config-ospf)# auto-cost reference-bandwidth 1000

3. 設定例

3.1. 要件

・XR1とXR2でOSPFを次の通りに設定してください。
 - OSPFプロセス名は「1」とすること。
 - Gi0/0/0/0をエリア0に関連付けること。
 - 参照帯域幅を10000Mbps(10Gbps)に設定すること。

構成図

3.2. コンフィグ

本タスクの要件を満たす設定例を以下に示します。

 XR1 

hostname XR1
interface Loopback0
 ipv4 address 1.1.1.1/32
!
interface GigabitEthernet0/0/0/0
 ipv4 address 192.168.12.1/24
!
router ospf 1
 auto-cost reference-bandwidth 10000
 area 0
  interface GigabitEthernet0/0/0/0
  !
 !
!
end

 XR2 

hostname XR2
interface Loopback0
 ipv4 address 2.2.2.2/32
!
interface GigabitEthernet0/0/0/0
 ipv4 address 192.168.12.2/24
!
router ospf 1
 auto-cost reference-bandwidth 10000
 area 0
  interface GigabitEthernet0/0/0/0
  !
 !
!
end

3.3. 解説

本タスクは参照帯域幅を10000Mbps(10Gbps)に設定することが要求されています。参照帯域幅はauto-cost reference-bandwidthコマンドで設定でき、値はMbps単位で指定します。

(config-ospf)# auto-cost reference-bandwidth 10000

上記コマンドを投入する前のGi0/0/0/0のコスト値を確認してみましょう。

RP/0/0/CPU0:XR1#show ospf interface brief
Wed Feb  5 05:10:30.165 UTC

* Indicates MADJ interface, (P) Indicates fast detect hold down state

Interfaces for OSPF 1

Interface          PID   Area            IP Address/Mask    Cost  State Nbrs F/C
Gi0/0/0/0          1     0               192.168.12.1/24    1     BDR   1/1

デフォルトの参照帯域幅は100Mbpsであるため、インタフェース帯域幅が1GbpsであるGi0/0/0/0のコスト値は1になっています。

続いて、コマンド投入後のGi0/0/0/0のコスト値を確認してみましょう。

RP/0/0/CPU0:XR1#show ospf interface brief
Wed Feb  5 05:11:52.280 UTC

* Indicates MADJ interface, (P) Indicates fast detect hold down state

Interfaces for OSPF 1

Interface          PID   Area            IP Address/Mask    Cost  State Nbrs F/C
Gi0/0/0/0          1     0               192.168.12.1/24    10    BDR   1/1

参照帯域幅を10000Mbps(10Gbps)に変更したため、Gi0/0/0/0のコスト値は10になっていることが分かります。

3.4. 動作確認

3.4.1. show ospf interface brief

show ospf interface briefコマンドで以下を確認します。
・XR1のGi0/0/0/0のコスト値が10になっていること。
・XR2のGi0/0/0/0のコスト値が10になっていること。

RP/0/0/CPU0:XR1#show ospf interface brief
Wed Feb  5 01:14:24.364 UTC

* Indicates MADJ interface, (P) Indicates fast detect hold down state

Interfaces for OSPF 1

Interface          PID   Area            IP Address/Mask    Cost  State Nbrs F/C
Gi0/0/0/0          1     0               192.168.12.1/24    10    BDR   1/1
RP/0/0/CPU0:XR2#show ospf interface brief
Wed Feb  5 01:14:30.504 UTC

* Indicates MADJ interface, (P) Indicates fast detect hold down state

Interfaces for OSPF 1

Interface          PID   Area            IP Address/Mask    Cost  State Nbrs F/C
Gi0/0/0/0          1     0               192.168.12.2/24    10    DR    1/1