Mikan Network Lab.

ネットワーク技術やCisco製品に関して、勉強・検証した内容を発信しています。

Mikan Network Lab.

IOS-XRにおけるOSPF有効化の設定方法

Cisco IOS-XRにおけるOSPF有効化の設定方法を紹介します。

目次

前提条件

本記事は以下に基づいて作成しています。
・Cisco VIRL 1.6.65
・Cisco IOS XR Software, Version 6.1.3

1. コマンド一覧

本記事で重要なコマンドを以下に示します。

(config)# router ospf <process-name>
(config-ospf)# router-id <router-id>
(config-ospf)# area <area-id>
(config-ospf-ar)# interface <interface>

2. 仕様説明

2.1. 概要

Cisco IOS-XRでOSPFを有効化するには以下の流れで設定を行います。

(1) OSPFルーティングプロセスの有効化
(2) ルータIDの指定
(3) エリアの指定
(4) OSPFを有効化するインタフェースの指定

2.2. router ospf

OSPFプロセスを起動するには、グローバルコンフィギュレーションモードでrouter ospfコマンドを使用します。

(config)# router ospf <process-name>

<process-name>でOSPFプロセスを識別する名前を指定します。プロセス名は英数字の文字列です。ローカルで使用される値であるため、ネイバールータと一致させる必要はありません。

【Sample】
OSPFプロセス名を「1」にする設定例を示します。

(config)# router ospf 1

【Sample】
OSPFプロセス名を「JAPAN」にする設定例を示します。

(config)# router ospf JAPAN

2.3. router-id

OSPFプロセスのルータIDを設定するには、ルータコンフィギュレーションモードでrouter-idコマンドを使用します。

(config-ospf)# router-id <router-id>

<router-id>でOSPFのルータIDを指定します。ルータIDは32ビットの値で、IPv4アドレスと同じフォーマットで指定します。ルータIDは自動的にセットされるため、本コマンドは必須ではありませんが、ルータの再起動などの要因で意図せずルータIDが変わることを防ぐため、本コマンドでルータIDを指定することをお勧めします。なお、ルータIDは他のOSPFルータと重複してはいけません。

【Sample】
ルータIDを「1.1.1.1」にする設定例を示します。

(config)# router ospf 1
(config-ospf)# router-id 1.1.1.1

2.4. area

OSPFエリアを設定するには、ルータコンフィギュレーションモードでareaコマンドを使用します。

(config-ospf)# area <area-id>

<area-id>でOSPFエリアのIDを指定します。エリアIDは10進数値またはIPv4アドレスと同じフォーマットで指定します。

【Sample】
エリアIDを「0」にする設定例を示します。

(config)# router ospf 1
(config-ospf)# area 0

【Sample】
エリアIDを「0.0.0.10」にする設定例を示します。

(config)# router ospf 1
(config-ospf)# area 0.0.0.10

2.5. interface

OSPFを有効化するインタフェースを指定するには、エリアコンフィギュレーションモードでinterfaceコマンドを使用します。

(config-ospf-ar)# interface <interface>

<interface>でOSPFを有効化するインタフェースを指定します。インタフェースはareaコマンドで指定したエリアIDに関連付けられます。

【Sample】
Gi0/0/0/0をエリア0に関連付ける設定例を示します。

(config)# router ospf 1
(config-ospf)# area 0
(config-ospf-ar)# interface GigabitEthernet0/0/0/0

3. 設定例

3.1. 要件

  • XR1とXR2でOSPFプロセス名を「1」として、OSPFを起動してください。
  • ルータIDはLo0のIPアドレスを明示的に指定してください。
  • Gi0/0/0/0とLo0をエリア0に関連付けてください。

構成図

3.2. コンフィグ

本タスクの要件を満たす設定例を以下に示します。

 XR1 

hostname XR1
interface Loopback0
 ipv4 address 1.1.1.1/32
!
interface GigabitEthernet0/0/0/0
 ipv4 address 192.168.12.1/24
!
router ospf 1
 router-id 1.1.1.1
 area 0
  interface Loopback0
  !
  interface GigabitEthernet0/0/0/0
  !
 !
!
end

 XR2 

hostname XR2
interface Loopback0
 ipv4 address 2.2.2.2/32
!
interface GigabitEthernet0/0/0/0
 ipv4 address 192.168.12.2/24
!
router ospf 1
 router-id 2.2.2.2
 area 0
  interface Loopback0
  !
  interface GigabitEthernet0/0/0/0
  !
 !
!
end

3.3. 動作確認

3.3.1. show ospf

  • XR1でOSPFプロセス名が「1」、ルータIDが「1.1.1.1」であることを確認します。
  • XR2でOSPFプロセス名が「1」、ルータIDが「2.2.2.2」であることを確認します。

RP/0/0/CPU0:XR1#show ospf | include Routing Process
Thu Jan 16 13:50:55.773 UTC
Routing Process "ospf 1" with ID 1.1.1.1
RP/0/0/CPU0:XR2#show ospf | include Routing Process
Thu Jan 16 13:51:03.822 UTC
Routing Process "ospf 1" with ID 2.2.2.2
3.3.2. show ospf interface brief

  • XR1とXR2のLo0とGi0/0/0/0がOSPFエリア0に関連付けられていることを確認します。

RP/0/0/CPU0:XR1#show ospf interface brief
Thu Jan 16 13:22:37.989 UTC

* Indicates MADJ interface, (P) Indicates fast detect hold down state

Interfaces for OSPF 1

Interface          PID   Area            IP Address/Mask    Cost  State Nbrs F/C
Lo0                1     0               1.1.1.1/32         1     LOOP  0/0
Gi0/0/0/0          1     0               192.168.12.1/24    1     DR    1/1
RP/0/0/CPU0:XR2#show ospf interface brief
Thu Jan 16 13:26:41.683 UTC

* Indicates MADJ interface, (P) Indicates fast detect hold down state

Interfaces for OSPF 1

Interface          PID   Area            IP Address/Mask    Cost  State Nbrs F/C
Lo0                1     0               2.2.2.2/32         1     LOOP  0/0
Gi0/0/0/0          1     0               192.168.12.2/24    1     BDR   1/1
3.3.3. show ospf neighbor

  • XR1とXR2でOSPFネイバーが確立されていることを確認します。

RP/0/0/CPU0:XR1#show ospf neighbor
Thu Jan 16 13:34:12.632 UTC

* Indicates MADJ interface
# Indicates Neighbor awaiting BFD session up

Neighbors for OSPF 1

Neighbor ID     Pri   State           Dead Time   Address         Interface
2.2.2.2         1     FULL/BDR        00:00:36    192.168.12.2    GigabitEthernet0/0/0/0
    Neighbor is up for 00:12:50

Total neighbor count: 1
RP/0/0/CPU0:XR2#show ospf neighbor
Thu Jan 16 13:34:50.009 UTC

* Indicates MADJ interface
# Indicates Neighbor awaiting BFD session up

Neighbors for OSPF 1

Neighbor ID     Pri   State           Dead Time   Address         Interface
1.1.1.1         1     FULL/DR         00:00:34    192.168.12.1    GigabitEthernet0/0/0/0
    Neighbor is up for 00:13:25

Total neighbor count: 1
3.3.4. show route ospf

  • XR1で2.2.2.2/32のルートを学習していることを確認します。
  • XR2で1.1.1.1/32のルートを学習していることを確認します。

RP/0/0/CPU0:XR1#show route ospf
Thu Jan 16 13:38:12.865 UTC

O    2.2.2.2/32 [110/2] via 192.168.12.2, 00:16:50, GigabitEthernet0/0/0/0
RP/0/0/CPU0:XR2#show route ospf
Thu Jan 16 13:41:16.903 UTC

O    1.1.1.1/32 [110/2] via 192.168.12.1, 00:19:51, GigabitEthernet0/0/0/0