Mikan Network Lab.

ネットワーク技術やCisco製品に関して、勉強・検証した内容を発信しています。

Mikan Network Lab.

IOS-XRにおけるOSPF Loopback I/Fをオリジナルマスクで広報する設定方法

Cisco IOS-XRにおけるOSPF Loopback I/Fをオリジナルマスクで広報する設定方法を紹介します。

目次

前提条件

本記事は以下に基づいて作成しています。
・Cisco VIRL 1.6.65
・Cisco IOS XR Software, Version 6.1.3

1. コマンド一覧

本記事で重要なコマンドを以下に示します。

(config)# router ospf <process-name>
(config-ospf)# area <area-id>
(config-ospf-ar)# interface <interface>
(config-ospf-ar-if)# loopback stub-network enable

2. 仕様説明

2.1. 概要

OSPFでは、Loopbackインタフェースはデフォルトで/32のホストルート(スタブホスト)として広報されます。オリジナルマスク(スタブネットワーク)で広報したい場合には、loopback stub-network enableコマンドを使用する必要があります。

2.2. loopback stub-network enable

Loopbackインタフェースをオリジナルマスク(スタブネットワーク)で広報するには、インタフェースコンフィギュレーションモードでloopback stub-network enableコマンドを使用します。

(config-ospf-ar-if)# loopback stub-network enable

【Sample】
Loopback0をオリジナルマスク(この場合は/24)で広報する設定例を示します。

(config)# interface Loopback0
(config-if)# ipv4 address 192.168.0.1/24

(config)# router ospf 1
(config-ospf)# area 0
(config-ospf-ar)# interface Loopback0
(config-ospf-ar-if)# loopback stub-network enable

3. 設定例

3.1. 要件

  • XR1とXR2でOSPFプロセス名を「1」として、OSPFを起動してください。
  • Gi0/0/0/0とLo0をエリア0に関連付けてください。
  • Lo0をオリジナルマスクで広報してください。

構成図

3.2. コンフィグ

本タスクの要件を満たす設定例を以下に示します。

 XR1 

hostname XR1
interface Loopback0
 ipv4 address 10.10.10.10/24
!
interface GigabitEthernet0/0/0/0
 ipv4 address 192.168.12.1/24
!
router ospf 1
 area 0
  interface Loopback0
   loopback stub-network enable
  !
  interface GigabitEthernet0/0/0/0
  !
 !
!
end

 XR2 

hostname XR2
interface Loopback0
 ipv4 address 20.20.20.20/24
!
interface GigabitEthernet0/0/0/0
 ipv4 address 192.168.12.2/24
!
router ospf 1
 area 0
  interface Loopback0
   loopback stub-network enable
  !
  interface GigabitEthernet0/0/0/0
  !
 !
!
end

3.3. 動作確認

3.3.1. show route ospf

  • XR1で20.20.20.0/24のルートを学習していることを確認します。
  • XR2で10.10.10.0/24のルートを学習していることを確認します。

RP/0/0/CPU0:XR1#show route ospf
Mon May 25 14:32:18.761 UTC

O    20.20.20.0/24 [110/2] via 192.168.12.2, 00:03:54, GigabitEthernet0/0/0/0
RP/0/0/CPU0:XR2#show route ospf
Mon May 25 14:32:23.571 UTC

O    10.10.10.0/24 [110/2] via 192.168.12.1, 00:04:02, GigabitEthernet0/0/0/0

3.4. 補足

3.4.1. loopback stub-network enableコマンドを設定しなかった場合の動作

Lo0でloopback stub-network enableコマンドを設定しなかった場合のXR1、XR2のルーティングテーブルの状態を確認すると、XR1とXR2のLo0はホストルート(10.10.10.10/32、20.20.20.20/32)として学習されていることが分かります。

RP/0/0/CPU0:XR1#show route ospf
Mon May 25 14:23:44.876 UTC

O    20.20.20.20/32 [110/2] via 192.168.12.2, 00:14:34, GigabitEthernet0/0/0/0
RP/0/0/CPU0:XR2#show route ospf
Mon May 25 14:23:59.926 UTC

O    10.10.10.10/32 [110/2] via 192.168.12.1, 00:14:50, GigabitEthernet0/0/0/0