Mikan Network Lab.

ネットワーク技術やCisco製品に関して、勉強・検証した内容を発信しています。

Mikan Network Lab.

IOS-XRにおけるOSPFパッシブインタフェースの設定方法

Cisco IOS-XRにおけるOSPFパッシブインタフェースの設定方法を紹介します。

目次

前提条件

本記事は以下に基づいて作成しています。
・Cisco VIRL 1.6.65
・Cisco IOS XR Software, Version 6.1.3

1. コマンド一覧

本記事で重要なコマンドを以下に示します。

(config)# router ospf <process-name>
(config-ospf)# area <area-id>
(config-ospf-ar)# interface <interface>
(config-ospf-ar-if)# passive

2. 仕様説明

2.1. 概要

OSPFでは隣接ルータの有無に関係なく、OSPFを有効化したインタフェースから定期的にHelloパケットを送信しています。Helloパケットはネイバーの発見とネイバーの維持を行うために送信されるものであるため、PCやサーバなどOSPFに参加しないデバイスのみが接続されているインタフェースではHelloパケットの送信は必要ありません。

そこで、passiveコマンドを使用することによって、Helloパケットの送信を停止できます。Helloパケットの送信を停止させたインタフェースのことをパッシブインタフェースといいます。

2.2. passive

特定のインタフェースをパッシブインタフェースに設定するには、インタフェースコンフィギュレーションモードでpassiveコマンドを使用します。

(config-ospf-ar-if)# passive

【Sample】
Gi0/0/0/0をパッシブインタフェースにする設定例を示します。

(config)# router ospf 1
(config-ospf)# area 0
(config-ospf-ar)# interface GigabitEthernet0/0/0/0
(config-ospf-ar-if)# passive

3. 設定例

3.1. 要件

  • XR1とXR2でOSPFプロセス名を「1」として、OSPFを起動してください。
  • Gi0/0/0/0とGi0/0/0/1をエリア0に関連付けてください。
  • Gi0/0/0/1をパッシブインタフェースに設定してください。

構成図

3.2. コンフィグ

本タスクの要件を満たす設定例を以下に示します。

 XR1 

hostname XR1
interface Loopback0
 ipv4 address 1.1.1.1/32
!
interface GigabitEthernet0/0/0/0
 ipv4 address 192.168.12.1/24
!
interface GigabitEthernet0/0/0/1
 ipv4 address 172.16.1.1/24
!
router ospf 1
 area 0
  interface GigabitEthernet0/0/0/0
  !
  interface GigabitEthernet0/0/0/1
   passive
  !
 !
!
end

 XR2 

hostname XR2
interface Loopback0
 ipv4 address 2.2.2.2/32
!
interface GigabitEthernet0/0/0/0
 ipv4 address 192.168.12.2/24
!
interface GigabitEthernet0/0/0/1
 ipv4 address 172.16.2.2/24
!
router ospf 1
 area 0
  interface GigabitEthernet0/0/0/0
  !
  interface GigabitEthernet0/0/0/1
   passive
  !
 !
!
end

3.3. 動作確認

3.3.1. show ospf interface

  • XR1のGi0/0/0/1がパッシブインタフェースに設定されていることを確認します。
  • XR2のGi0/0/0/1がパッシブインタフェースに設定されていることを確認します。

RP/0/0/CPU0:XR1#show ospf interface GigabitEthernet0/0/0/1
Sun Mar 22 00:01:34.769 UTC

GigabitEthernet0/0/0/1 is up, line protocol is up
  Internet Address 172.16.1.1/24, Area 0
  Process ID 1, Router ID 1.1.1.1, Network Type BROADCAST, Cost: 1
  Transmit Delay is 1 sec, State DR, Priority 1, MTU 1500, MaxPktSz 1500
  Designated Router (ID) 1.1.1.1, Interface address 172.16.1.1
  No backup designated router on this network
  Timer intervals configured, Hello 10, Dead 40, Wait 40, Retransmit 5
    No Hellos (Passive interface)
  Index 2/2, flood queue length 0
  Next 0(0)/0(0)
  Last flood scan length is 0, maximum is 0
  Last flood scan time is 0 msec, maximum is 0 msec
  LS Ack List: current length 0, high water mark 0
  Neighbor Count is 0, Adjacent neighbor count is 0
  Suppress hello for 0 neighbor(s)
  Multi-area interface Count is 0
RP/0/0/CPU0:XR2#show ospf interface GigabitEthernet0/0/0/1
Sun Mar 22 00:01:40.009 UTC

GigabitEthernet0/0/0/1 is up, line protocol is up
  Internet Address 172.16.2.2/24, Area 0
  Process ID 1, Router ID 2.2.2.2, Network Type BROADCAST, Cost: 1
  Transmit Delay is 1 sec, State DR, Priority 1, MTU 1500, MaxPktSz 1500
  Designated Router (ID) 2.2.2.2, Interface address 172.16.2.2
  No backup designated router on this network
  Timer intervals configured, Hello 10, Dead 40, Wait 40, Retransmit 5
    No Hellos (Passive interface)
  Index 2/2, flood queue length 0
  Next 0(0)/0(0)
  Last flood scan length is 0, maximum is 0
  Last flood scan time is 0 msec, maximum is 0 msec
  LS Ack List: current length 0, high water mark 0
  Neighbor Count is 0, Adjacent neighbor count is 0
  Suppress hello for 0 neighbor(s)
  Multi-area interface Count is 0
3.3.2. show route ospf

  • XR1で172.16.2.0/24のルートを学習していることを確認します。
  • XR2で172.16.1.0/24のルートを学習していることを確認します。

RP/0/0/CPU0:XR1#show route ospf
Sun Mar 22 00:01:59.797 UTC

O    172.16.2.0/24 [110/2] via 192.168.12.2, 00:03:30, GigabitEthernet0/0/0/0
RP/0/0/CPU0:XR2#show route ospf
Sun Mar 22 00:02:12.376 UTC

O    172.16.1.0/24 [110/2] via 192.168.12.1, 00:03:44, GigabitEthernet0/0/0/0