Mikan Network Lab.

ネットワーク技術やCisco製品に関して、勉強・検証した内容を発信しています。

Mikan Network Lab.

IOS-XRにおけるOSPF Hello/Deadインターバルの設定方法

Cisco IOS-XRにおけるOSPF Helloインターバル、Deadインターバルの設定方法を紹介します。

目次

前提条件

本記事は以下に基づいて作成しています。
・Cisco VIRL 1.6.65
・Cisco IOS XR Software, Version 6.1.3

1. コマンド一覧

本記事で重要なコマンドを以下に示します。

(config)# router ospf <process-name>
(config-ospf)# area <area-id>
(config-ospf-ar)# interface <interface>
(config-ospf-ar-if)# hello-interval <seconds>
(config-ospf-ar-if)# dead-interval <seconds>

2. 仕様説明

2.1. 概要

OSPFではネイバーの発見とネイバーの維持を行うため、定期的にHelloパケットを送信しています。Helloパケットの送信間隔のことをHelloインターバルといいます。また、Helloパケットを一定期間受信できないと、ネイバーがダウンしたとみなします。ネイバーがダウンしたとみなすまでの時間のことをDeadインターバルといいます。Helloインターバルはhello-intervalコマンドで、Deadインターバルはdead-intervalコマンドで変更することができます。

2.2. hello-interval

Helloインターバルを設定するには、インタフェースコンフィギュレーションモードでhello-intervalコマンドを使用します。

(config-ospf-ar-if)# hello-interval <seconds>

<seconds>でHelloパケットの送信間隔を指定します。Helloインターバルはネイバールータと一致している必要があります。一致していない場合、ネイバー関係を確立することはできません。

Helloインターバルのデフォルト値はOSPFネットワークタイプで異なります。

・ブロードキャスト:10秒
・ポイントツーポイント:10秒
・NBMA:30秒
・ポイントツーマルチポイント:30秒
・ポイントツーマルチポイント ノンブロードキャスト:30秒

なお、Helloインターバルを変更すると、自動的にDeadインターバルがHelloインターバルの4倍に変更されます。

【Sample】
Gi0/0/0/0でHelloインターバルを15秒にする設定例を示します。

(config)# router ospf 1
(config-ospf)# area 0
(config-ospf-ar)# interface GigabitEthernet0/0/0/0
(config-ospf-ar-if)# hello-interval 15

2.3. dead-interval

Deadインターバルを設定するには、インタフェースコンフィギュレーションモードでdead-intervalコマンドを使用します。

(config-ospf-ar-if)# dead-interval <seconds>

<seconds>でネイバーがダウンしたとみなすまでの時間を指定します。Deadインターバルはネイバールータと一致している必要があります。一致していない場合、ネイバー関係を確立することはできません。

Deadインターバルのデフォルト値はOSPFネットワークタイプで異なります。

・ブロードキャスト:40秒
・ポイントツーポイント:40秒
・NBMA:120秒
・ポイントツーマルチポイント:120秒
・ポイントツーマルチポイント ノンブロードキャスト:120秒

なお、hello-intervalコマンドでHelloインターバルを変更した場合は、Deadインターバルが自動的にHelloインターバルの4倍に変更されますが、dead-intervalコマンドでDeadインターバルを変更した場合は、Helloインターバルは自動的に変更されません。

【Sample】
Gi0/0/0/0でDeadインターバルを60秒にする設定例を示します。

(config)# router ospf 1
(config-ospf)# area 0
(config-ospf-ar)# interface GigabitEthernet0/0/0/0
(config-ospf-ar-if)# dead-interval 60

3. 設定例

3.1. 要件

  • XR1とXR2でOSPFプロセス名を「1」として、OSPFを起動してください。
  • Gi0/0/0/0とLo0をエリア0に関連付けてください。
  • Gi0/0/0/0でHelloインターバルを15秒、Deadインターバルを45秒に設定してください。

構成図

3.2. コンフィグ

本タスクの要件を満たす設定例を以下に示します。

 XR1 

hostname XR1
interface Loopback0
 ipv4 address 1.1.1.1/32
!
interface GigabitEthernet0/0/0/0
 ipv4 address 192.168.12.1/24
!
router ospf 1
 area 0
  interface Loopback0
  !
  interface GigabitEthernet0/0/0/0
   dead-interval 45
   hello-interval 15
  !
 !
!
end

 XR2 

hostname XR2
interface Loopback0
 ipv4 address 2.2.2.2/32
!
interface GigabitEthernet0/0/0/0
 ipv4 address 192.168.12.2/24
!
router ospf 1
 area 0
  interface Loopback0
  !
  interface GigabitEthernet0/0/0/0
   dead-interval 45
   hello-interval 15
  !
 !
!
end

3.3. 動作確認

3.3.1. show ospf interface

  • XR1のGi0/0/0/0でHelloインターバルが15秒、Deadインターバルが45秒になっていることを確認します。
  • XR2のGi0/0/0/0でHelloインターバルが15秒、Deadインターバルが45秒になっていることを確認します。

RP/0/0/CPU0:XR1#show ospf interface
Fri Mar 20 01:09:39.648 UTC

Interfaces for OSPF 1

Loopback0 is up, line protocol is up
  Internet Address 1.1.1.1/32, Area 0
  Process ID 1, Router ID 1.1.1.1, Network Type LOOPBACK, Cost: 1
  Loopback interface is treated as a stub Host
GigabitEthernet0/0/0/0 is up, line protocol is up
  Internet Address 192.168.12.1/24, Area 0
  Process ID 1, Router ID 1.1.1.1, Network Type BROADCAST, Cost: 1
  Transmit Delay is 1 sec, State BDR, Priority 1, MTU 1500, MaxPktSz 1500
  Designated Router (ID) 2.2.2.2, Interface address 192.168.12.2
  Backup Designated router (ID) 1.1.1.1, Interface address 192.168.12.1
  Timer intervals configured, Hello 15, Dead 45, Wait 45, Retransmit 5
    Hello due in 00:00:00:397
  Index 2/2, flood queue length 0
  Next 0(0)/0(0)
  Last flood scan length is 1, maximum is 1
  Last flood scan time is 0 msec, maximum is 0 msec
  LS Ack List: current length 0, high water mark 2
  Neighbor Count is 1, Adjacent neighbor count is 1
    Adjacent with neighbor 2.2.2.2  (Designated Router)
  Suppress hello for 0 neighbor(s)
  Multi-area interface Count is 0
RP/0/0/CPU0:XR2#show ospf interface
Fri Mar 20 01:09:48.677 UTC

Interfaces for OSPF 1

Loopback0 is up, line protocol is up
  Internet Address 2.2.2.2/32, Area 0
  Process ID 1, Router ID 2.2.2.2, Network Type LOOPBACK, Cost: 1
  Loopback interface is treated as a stub Host
GigabitEthernet0/0/0/0 is up, line protocol is up
  Internet Address 192.168.12.2/24, Area 0
  Process ID 1, Router ID 2.2.2.2, Network Type BROADCAST, Cost: 1
  Transmit Delay is 1 sec, State DR, Priority 1, MTU 1500, MaxPktSz 1500
  Designated Router (ID) 2.2.2.2, Interface address 192.168.12.2
  Backup Designated router (ID) 1.1.1.1, Interface address 192.168.12.1
  Timer intervals configured, Hello 15, Dead 45, Wait 45, Retransmit 5
    Hello due in 00:00:04:949
  Index 2/2, flood queue length 0
  Next 0(0)/0(0)
  Last flood scan length is 2, maximum is 2
  Last flood scan time is 0 msec, maximum is 0 msec
  LS Ack List: current length 0, high water mark 1
  Neighbor Count is 1, Adjacent neighbor count is 1
    Adjacent with neighbor 1.1.1.1  (Backup Designated Router)
  Suppress hello for 0 neighbor(s)
  Multi-area interface Count is 0
3.3.2. show ospf neighbor

  • XR1とXR2でOSPFネイバーが確立されていることを確認します。

RP/0/0/CPU0:XR1#show ospf neighbor
Fri Mar 20 01:14:39.547 UTC

* Indicates MADJ interface
# Indicates Neighbor awaiting BFD session up

Neighbors for OSPF 1

Neighbor ID     Pri   State           Dead Time   Address         Interface
2.2.2.2         1     FULL/DR         00:00:44    192.168.12.2    GigabitEthernet0/0/0/0
    Neighbor is up for 00:09:28

Total neighbor count: 1
RP/0/0/CPU0:XR2#show ospf neighbor
Fri Mar 20 01:14:44.867 UTC

* Indicates MADJ interface
# Indicates Neighbor awaiting BFD session up

Neighbors for OSPF 1

Neighbor ID     Pri   State           Dead Time   Address         Interface
1.1.1.1         1     FULL/BDR        00:00:38    192.168.12.1    GigabitEthernet0/0/0/0
    Neighbor is up for 00:09:37

Total neighbor count: 1